看護管理の基礎 〜リーダーシップとマネジメント〜

こんにちは( ´ ▽ ` )ノ

東京もすっかり冬の気温で、朝晩特に冷え込みが激しくてお布団がいっそう恋しい季節になってきました。外に出るのは大変ですが、晴れた日は澄んだ空が広がって、ベランダからはなんと富士山が見えたりもしました☆

今回は、人材管理の肝になる概念、リーダーシップとマネジメントについて説明したいと思います。リーダーとマネージャー、みなさんはどういった印象をお持ちでしょうか。




リーダーシップとマネジメントの定義

リーダーシップとはチーム内における個人の能力や資質を理解し、それらが発揮できるよう環境や状況に適応できるように個人やチームを導くことと定義されています。環境や状況は、プロジェクトであったり、未知の状況であったりします。つまり、個人やチームのより良いアウトカムに向かって個人あるいはチームの能力や資質を伸ばしつつ道を指し示すような行動や態度のことです。

・一方、マネジメントは、すでにアウトカムが提示されている、あるいは事前に確立されている状況において、根拠や組織の合意に基づいてメンバーを計画、指揮、管理、評価する能力で、計画からプロセス、アウトカムまでの一貫した状況を推進することと定義されています。つまり、アウトカムに向かってメンバーを適切に調整・管理する行動や態度のことです。

日本で一般的なチームナーシングで考えると、日勤帯のリーダーが行なっている業務は、受け持ち看護師の調整や医師との折衝、メンバーの業務が偏らないように業務調整したりなどが主な業務となるため、これらは「マネジメント」ということになります。

一方固定チームナーシングにおけるチームリーダーは、1年間のチーム目標を掲げ、チーム・各メンバーがどういった目標を掲げ、どういった行動をすべきかを示すことが役割ですので、こういった行動・態度は「リーダーシップ」ということになります。




アメリカで看護管理者向けの教育等で使用されている教科書では、「マネジメント」を発揮するにはある程度の権限が必要だけれども、「リーダーシップ」は権限によらず種々の状況や場面に応じて個々人が発揮するもの、と記載されています。

ですので、看護師長は一般的に「マネジメント」職であるといえます。ちなみに、経営学などの分野では管理職の人材管理については「マネジメント」という言葉でほぼ統一されていますし、研究論文でも看護師長は「nurse manager」と記載していることが多いです(ちなみに看護部長は「nurse administretor」という記載が多いです)。

ですがここで勘違いして欲しくないのは、看護師長が「マネジメント」職であり、「リーダーシップ」は個々人が発揮するものだとしても、やはり一般的に看護師長は良い「リーダーシップ」を持つべきであると思います。部下やスタッフを惹きつけ、組織の目標を提示してそこに部下やスタッフを誘ってくれる行動や態度があるからこそ、円滑なマネジメント行動が発揮できるでしょう。

こうした「リーダーシップ」と「マネジメント」の概念をわけて考えることで、「自分の看護師長や主任はいったいどっちの能力がすぐれていて、どっちの能力が足りないんだろう?」と考えてみたり、これから管理的立場になる方々や現在そうした立場にいる方々も、「自分はどっちが得意でどっちが苦手なんだろう?」などと自分を振り返るときの材料にしてみてはいかがでしょうか。

ちなみに、先ほども書きましたが、「リーダーシップ」は立場によらず誰もが発揮できる能力です。1人前の看護師になったら、ぜひ「リーダーシップ」も意識して仕事をしてみると、自分の能力アップにもつながりますし、病棟の活性化にもつながると思います。

では、良い「リーダーシップ」や良い「マネジメント」とはどのようなものなのでしょうか?理論やエビデンスについて、また別の記事で書いていこうと思います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です